平田村との交流事業について

12/22  8:30より平田村役場/三十人衆委員会との交流事業(当町会と約20年前より継続中)があり、村内の若清水酒造で「酒しぼり」体験をしてまいりました。

暖冬の影響で、酒絞り※自体は数日前に行われたそうで、この日はお酒の瓶詰め・ラベル貼り・麻の袋からの酒粕とりなどの作業を酒造会社の方に教わりながら行いました。作業は2時間半位で終了,お開きになりました。終了後は役場や三十人衆の方々と近くのお店で昼食会を行い今年の交流事業は終了となりました。

若清水酒造,平田村産業課,三十人衆委員会,幸一町会の各皆様寒い中お疲れ様でした。

※ふねという装置で、発酵の終わったもろみを麻袋に入れ絞り、ふなくち(写真下)から出る清酒と麻袋の酒粕に分離する。